生活

逃げ出すよりも 進むことを

先週、四国からの岳友と山梨県・富士五湖周辺の山に登ったことは、ブログで書きました。
この時僕は、初めての冬キャンプをしたのです。

240214121201331.jpg

三国山・鉄砲木の頭から下山し、ジローさん達と別れて、まずは温泉へ!

240214142105258.jpg

紅富士の湯へ。ここはゆるキャンの聖地でもあるけれど、もっと以前から何度も利用している温泉だ。

ゆるキャン的には、信玄ソフトなんですが、以前食べたことがあるので、

240214145738041.jpg

新メニューの「うみゃーずアフォガード」にしました。
この日は暑かったので、おいちかった♪

続いて買い出しに近くのスーパーへ!

240214152447890.jpg
温泉から数分の距離にあるスーパーへ。
ここもゆるキャンの聖地です。
でもけして聖地巡礼をしているわけでは、ないんです。
他にスーパーがないんです!

ゆるキャン6巻だと、このあとみさきキャンプ場でキャンプして、標高から来る寒さに苦労する話になります。
そのキャンプ場、数年前に運営が変わり、区画サイト1万円という、グレートなキャンプ場に生まれ変わったそうです・・。

僕は山中湖・籠坂峠近くの林間キャンプ場へ。

240214161450896a.jpg

そうだよね・・あるよね・・。

初めての冬キャンで、いきなり雪中キャンプか・・。
なんか生き急いでるなあ・・。

今日の山行は、ショートハイクだったので、キャンプ場のチェックイン時間に間に合ったけど、普段のガッツリ山行だと、下山して風呂入って買い出ししてるとチェックインに間に合わない。登山&キャンプがやりづらいのが悲しい。

チェックインの時に管理の方が、「雪あるし、もう一組しか客いないから、料金そのままで雪のないサイトどこでも使っていいよ」とのありがたいお言葉。
一番安いサイト予約していたのに、アップグレードだw

240214173516838.jpg

雪のないサイトに、テント設営!
この時点で、気温は8度。暖かい。

しかし、薪って最近高いよね。キャンプ場もスーパーもほぼ千円するもんなあ・・。
わざわざ寒い外に出て、千円燃やして暖取ってるんですよねえ。
マッチポンプ。

キャンプだと、食事は「焼肉」一択の僕ですが、冬は辛めの汁物が温まりそう!と思って、

240214181009742.jpg

家にあったチゲ鍋うどん持ってきて、ソーセージぶち込んでみました。
暖まったし、美味しかった♪
あと、スーパーで一番いい肉も少し買ってきて、焼肉♪

あとはゆっくり焚火を楽しみつつ、その日の山行を思い出す。
静かにのんびり。

やはり人がいないのが、一番良いですね。

240214184721562.jpg

この時点では、翌日は雨が降り出す前にテント撤収して帰ろう、と思っていましたw

P2150183.jpg

コレが以前ブログで書いた、冬用シュラフ
シュラフの説明書きには、3種類の温度が書いてあるけど、僕は、快適温度(コンフォート)しか見ない。
このシュラフは快適温度マイナス9度なので、実際にはマイナス4度くらいまでが快適だろう。

この日のテント内は、1度くらいまでしか下がらなかったので、全く寒くなかった。
寒くて眠れないんじゃないか、と危惧したけれど、大丈夫だった。
シュラフの性能を、試したとは言えないかな?

寒さは大丈夫だったけれど、腰が痛くて何度も起きたw
マットも大事。

P2150186.jpg

朝、テントから出ると樹林からお日さまが見えた。

P2150184.jpg

夏に清里で買った、赤毛のアンのコーヒーを飲んでいると、
ジローさんから連絡があり、前回のブログへと繫がっていくのです。

初めての冬キャンは、もっと標高の低い、それほど寒くなさそうな場所でやりたいと当初思っていたけれど、
逃げ出さなくて良かった。

逃げれば、「安全」が手に入るけれど、進んだ結果、「経験値」や「冬キャンの楽しさ」が手に入りました。
ありがとうスレッタ。

2月に標高1000メートルでキャンプできたら、もうどこでも冬キャンできるな!
と根拠の薄い自信が付きましたよ。

岳友と登山して、聖地巡礼して、冬キャンプして。
楽しい休日でした。



イイネ!と思ったら、押してください♪ 
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

スポンサーサイト



コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する