MTB

SKO47 #2 新しいタイプ

栃木県那須烏山市で開催されたアドベンチャーレースの受付に到着した僕ら。美味しいランチを急いで食べて、ミーティング実施。先週の奥武蔵トレランの際に購入した、子の権現の足腰守りを二人に渡す。これでケガなく完走できるよ!
そして、どたこさんはガツガツ行くタイプということがレース前のレストランですでに分かったw

遅めの到着の僕らは急いで準備。今回は珍しいことに、僕もトラ山さんも忘れ物はなかった!やればできる!!

どたこさんが、僕にも「たかちゃんず」のジャージを貸してくれました♪ 名前に「たか」が入っている人のみが入れるチーム。

クリップボード01

分水嶺の時にずっと見ていたジャージを、自分が着ることになるなんて、不思議。
僕の名前をどう読み替えても「たか」という読みはできないので、たかちゃんずの入部資格がないのが残念っ・・。

P4130574.jpg
そしてスタートラインに並ぶ。前から3列目くらいだ・・。こんな前列スタートなんて・・やっぱりガシガシ行く気なんですねw

P4130575.jpg
僕らの前にはうっちさん。そして最前列にはI村さんの姿も見える。みんな前に居る~~w

最初はチームチャレンジというゲーム。試飲した味噌汁がどのお宅の味噌汁か当てる、というものなのだが、三軒のお宅の場所は聞き込みで家を探して味噌汁を飲まなければならない・・。よくこういうの考え着くなあ、と感心しました。

スタート!

田舎だから付近に住民なんていないっ!軽トラに乗っていた老夫婦を十数人で取り囲んで、家を聞くっ!
しかし「上のほう」と言うファジイな情報しか得られず、道を走りだすと、家の庭先でテーブルを出して人だかりが出来ているのを発見!とりあえずダッシュ!
味噌汁を試飲させてもらう。僕とトラ山さんはよくわからなかったが、紅一点のどたこさんは「コレで間違いない!」というのでチェックポイントへ。
ズバリ正解でした!さすが主婦~~。

次のMTBセクションへ移る。どたこさんはスニーカーにフラペなので履き替えはしない。しかし僕とトラ山さんはSPDシューズに履き替えるので、時間がかかる! 無言のプレッシャーを感じる!w

MTBに乗った途端に、がんがん飛ばすどたこさん。ウォーミングアップなしでレースペースは心臓に悪いっ!
舗装路の登り&下りで何チームも抜かした。
普段はシングルスピードに乗るどたこさん。今日のバイクはギア付なのに、ぜんぜんギアチェンジしないで、重いギアをスタンディングで漕ぐ!
僕はグヘグヘ着いて行くよ!
抜かされたチームの人が「あのねーちゃん、すげえw」と呟いていたのが聞こえたよ!
僕もその意見に同意デスw

どたこさんの肉食系パワフルさ、すごい!いろいろな人とレース等参加したけれど、僕の周りでこういうタイプの人っていないなあ。
新しいタイプの居酒屋SKOだw

57462665_1908939499210141_6108968362920902656_n.jpg
舗装路からトレイルに入ると、急斜面の担ぎ!
1列で登るので、休めない!めっちゃきつかった・・。
老若男女、喘ぎまくっていましたw

どたこさん、ここでも少しでも抜かそうとしていたらしい・・。

ピークから下りになる。でもMTBを降りて押している人ばかり・・。ここで乗らずにどこで乗る!と道を譲ってもらいつつ下る。
チェックポイント(以下CP)を順調に回るが、下り以外は僕がチームの最後尾。CPのチェックカードは僕が持っている。CPに着く度に番号をメモしてパンチするので時間がかかり、休憩するヒマがないっ!チェックが終わるときには、二人はもう走りだしているので、着いて行くのが精いっぱいだっ!w

途中から僕の手際に業を煮やしたのか、どたこさんが手伝ってくれるようになりましたw

ラストの舗装も快調に飛ばす。次のCP6カヤックセクションは、艇がチーム数の約半分しか用意されていないので、早く行かないと、乗る艇がなくなってしまうのだ。
最初からプッシュで頑張った甲斐あって、なんとかカヤックを確保!この時点で52チーム中20番目くらい?もっと上位かと思ったけどなあ・・。

3人がリレー形式でカヤックを漕ぐ。トップはベテランのトラ山さん!スムーズ。とても簡単そう。
僕も3年前の初参加の時は、ここで講習を受けた。おかげでレース本番でも危なげなくカヤックセクションはクリアだった。
去年の11月にはパックラフトで30キロ漕いでいるので、問題なくクリアできる、と思っていた・・。

しかし甘かった・・。


イイネ!と思ったら、押してください♪
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

スポンサーサイト



コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する